这是偶然的相遇,仿佛平原上的梦境。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
作家的不朽
2009-06-13 Sat 21:53
要我選詞說明納博科夫的話,一定是刻薄的與賣弄的。聽上去不是褒義,卻有我極大的尊敬在裏面。刻薄和賣弄的人多,但有資格的不多。他算一個。

每次長假我都會重讀一遍《洛麗塔》,并沒有如何吸引的感覺,僅僅是從任意一頁翻開便能坐下順暢的讀下去的書。納博科夫的隱喻和文字的小迷宮,經常讓人陷入那種被作家引領著解個未知謎團的會心感。

邪惡的亨伯特和他的洛,在若干次重讀中義無反顧的奔向他們各自悲劇的尾音,而讀者,在翻到最後一頁的註釋后,安心的將其放下,因微薄的同情心和對違背倫理的愛情的好奇心,等待著再次拿起它的時候。

這樣,我認為納博科夫已經獲得了他應得的不朽。

別窓 | 瑣碎記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<猎人初心者 | Buenos Aires | 對天真的敬畏之心>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Buenos Aires |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。