这是偶然的相遇,仿佛平原上的梦境。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
1112
2009-11-12 Thu 11:17
大雪。知道醒来能见到一片白茫,不急不躁。裹了被子趴在窗口,听路人戏悦的声。想念故人,望再见一同面对这片寥落天地,共饮一杯,只因空旷中我只有你的足音相伴,才不至于虚晃进了疏途。乱翻书。

看《全唐诗》。古人的句子是上瘾的,初来觉得艰涩,后来便觉得这份俭省的好处,留的白自己填,能听到其中起承转合的心境缭绕,终于是不能言语传递的。

《全唐诗》太多,从李世民开始。天子之气,走南走北,跨马援弓,励精图治,豪气云天。倒也有平和下来的宫廷娱乐,咏物咏景。两番相加,倒算有才气。之后的皇上就陷入枯燥题材雷同中。本以为李隆基应该有所变化,竟然也仍旧。突然遇到《傀儡吟》,一惊。想来诗容易成锲语。他总倒是考虑过的,那于是《长生殿》里的化影也有依据了。

傀儡吟

刻木牵丝作老翁,鸡皮鹤发与真同。
须臾弄罢寂无事,还似人生一梦中。

別窓 | 其它 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<1114 | Buenos Aires | 1111>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Buenos Aires |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。