这是偶然的相遇,仿佛平原上的梦境。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
1202
2009-12-02 Wed 09:10
在学校总觉得困顿,糊着满手满脸都是人味,我很担忧,好似野外的妖精变成了人,混入人群时刻仍有的恐惧。怕被识破,怕被吞噬。

一个人独处是简单而适意的。知道这里是我。而和太多人处于一个空间,从事相同的模式运动,我要随时保持警,这是我,那是他人。生怕被同化,消失个体性。

也因这个个性,让我很难与他人维持长久平安的关系。一旦越过边线,听到警铃响起,就要快逃。失去自己乃是世间一等一可怕之事。

近来总想起豆子和WHAT。我总觉得她们各自圆满,只需在一旁悄悄窥探,仿佛面对秘密花园,一小片天地也能让我欣喜。我觉得这就是我的认同。

大概也因此,在她们周围我会放下标尺,觉得安静的停留也是好的。
別窓 | 瑣碎記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<1206 | Buenos Aires | 1201>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Buenos Aires |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。