这是偶然的相遇,仿佛平原上的梦境。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
1225
2009-12-25 Fri 15:26



你终究还是太卖弄了点,不够豁达。我几乎能听到他们就面对着我微笑着说这话。但多少总有和文字连通起来的味道出来了。这是好的。

他们那时的文字,从遥遥的诗歌戏曲小说杂言而来,味似缭绕的熏香,过再久打开书页的时候都会被包围。现在人用的语气,都仿佛是市井无赖与人纠缠,或者太过机巧不知内敛,所以到底是贫贱了。常常为之可惜,中文本来自于诗人的口头笔尖,一字字一句句均是凝结了时光的琥珀,美得无可匹敌。我们仿佛是从谦谦君子窈窕美人的房子里抢了些破绸烂扇出来,恨起来,甩开去找外人那些皮裘蕾丝穿在身上,摩擦的好不生硬。

我自觉每每认真的推敲起字眼像是在用指尖玩的冰刃,不小心就会扎手。可他们却是浑然天成的。胡受张的影响运字造句里看的清楚,原来眷上一个人,连文字都要和那个人迫近了。仍是读到无力的形容运笔,似看到钟爱之物,想伸手去探,又计较着,转不开眼,挪不了步,定在一格,当下既是天地永久,又是转瞬即逝。

这便是对文字本身的恋。

別窓 | 南柯記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<1226 | Buenos Aires | 1225>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Buenos Aires |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。