这是偶然的相遇,仿佛平原上的梦境。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
0205
2010-02-05 Fri 16:26
安娜感到心中被激扬起的爱意,便想逃避,只一天就离开了莫斯科。在寒冬的大雪中穿梭的仍有一路逶迤犹豫的思线。究竟要如何对待呢,大概逃开了就可以。她想起阿廖沙,想到她的丈夫卡列宁,想彼得堡的人人,想把在莫斯科挑起的怨愤和悸动甩在身后,可无论如何,她总是牵动着,思绪挂着那个人。在恍惚中心慌意乱,说服自己这下离开了便能扼杀这违背伦常的爱意。这样的想法仿佛让她安心。于是她在中转站下车,想透透气。

大雪纷飞中弗龙斯基向她走来。“我别无办法。”他说。安娜听到身后火车上的积雪跌落在站台上的声音,车站的嘈杂,风声,呼吸声,水雾。

我别无办法。这便是注定要到来的到来时的那句话。我别无办法。

別窓 | 瑣碎記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<0207 | Buenos Aires | 0203>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Buenos Aires |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。