这是偶然的相遇,仿佛平原上的梦境。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
0207
2010-02-07 Sun 13:22
印度河流域的文明毁于雅利安人之手。他们骑着战马,手握铁制的刀剑,冲破了由武器落后的平民组成的防线。他们有着白皙的肤色和蓝色的眼睛,高大威猛,人人都是好事份子,他们仿佛天神一般驾临于这帮小瘦弱的种族之上。然而,历史几乎将他们的痕迹全然抹失殆尽。仅仅一部《吠陀》。恰恰是《吠陀》。

雅利安人入侵前的印度河文明创造了象形文字,以Z型的模式书写,然而具体含义已无人读懂。有统一的度量衡,城市按照特定的要求营建。毁于灾难后,在原地重新建起相同的城市。中心城市五次毁于泥水中。对于这些居民而说,祖辈仿佛昨天,近在眼前又虚无缥缈。对外出口孔雀,猿猴,珍珠,象牙,以小麦和大麦作为主食。

以天山为界的这边便是商。阶级森严,封闭,重视血缘承接的我们的祖先。有祭祀习惯,以大麦等植物为食,可想体格羸弱,被周征服。周王朝仍继续沿用商的社会架构和文明系统。大战惨烈,血积可浮起队伍抛下的旗帜,俘虏的头被砍下,悬挂在旗杆上,而后绵绵不绝。

別窓 | 瑣碎記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<0209 | Buenos Aires | 0205>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Buenos Aires |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。